JPRS、ISCのBIND 9.xの複数の脆弱性情報を公開 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

JPRS、ISCのBIND 9.xの複数の脆弱性情報を公開

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は4月30日、BIND 9.xの複数の脆弱性情報を公開した。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も同日、「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表している。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は4月30日、BIND 9.xの複数の脆弱性情報を公開した。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も同日、「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表している。

これは開発元のISCからの発表を受けたもので、BIND 9.xには次の脆弱性が存在する。影響を受けるシステムとその概要、対策は以下の通り。

○IXFR によるゾーン転送時にセカンダリサーバにおいて SOA 情報が欠落しアサーションエラーが発生する(CVE-2021-25214)
・影響を受けるシステム:
 9.16系列:9.16.0~9.16.13
 9.11系列:9.11.0~9.11.29
 その他の系列:9.8.5/9.9.3以降にリリースされたバージョン
・概要:
 BIND 9.xには特別に作成されたデータをIXFRで受け取った際、受け取り側のnamedが自身のゾーンデータからSOAレコードを誤って削除してしまう不具合があり、次回のSOAレコードの更新確認の際にnamedが異常終了する可能性がある。
・解決策:
 本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.16.15/9.11.31)への更新、あるいは、各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の適用

○DNAME レコードの処理時にアサーションエラーが発生する(CVE-2021-25215)
・影響を受けるシステム:
 9.16系列:9.16.0~9.16.13
 9.11系列:9.11.0~9.11.29
・概要:
 BIND 9.xにはDNAMEレコードの取り扱いに不具合があり、特別に作成されたDNAMEレコードを含むメッセージの処理において、namedが異常終了する可能性がある。
・解決策:
 本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.16.15/9.11.31)への更新、あるいは、各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の適用

○GSS-TSIG による認証処理時にGSS-API で用いられる SPNEGO 実装の不備によりバッファオーバーフローが発生する(CVE-2021-25216)
・影響を受けるシステム:
 BIND 9.5.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が該当
・概要:
BIND 9.xにはGSS-APIで使われるSPNEGOの実装にバッファオーバーフローを引き起こす不具合があり、GSS-TSIGが有効に設定されている場合、外部からの攻撃が可能になる。
・解決策:
 本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.16.15/9.11.31)への更新、あるいは、各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の適用
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×