横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応 | ScanNetSecurity
2024.04.24(水)

横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応

株式会社横浜銀行は4月15日、顧客情報を含むデータの誤送信が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社横浜銀行は4月15日、顧客情報を含むデータの誤送信が判明したと発表した。

これは1月8日と4月2日の2回にわたり、顧客情報を含むデータを広告発注先1社に誤送信したことが判明したというもの。4月12日に行内点検で発覚した。

流出したのは、カナ氏名、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、はまPayログインID、店番号、口座番号などを含む顧客の個人情報41,729件。なお、キャッシュカード暗証番号や預金口座残高、各種取引用パスワードに関する情報は含まれない。

同行では対象の顧客に対し、別途個別に連絡し説明を謝罪を行う。

同行では誤送信が発覚した4月12日中に、送信先の広告発注先で、当該メールと顧客情報を同行行員が立ち会いのもとで削除しており、第三者への転送等の送信先以外への流出は確認されていない。

同行では今後、情報管理の強化を行い再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×