クライアント操作ログ管理「MylogStar 4 Release4」リリース、シンクライアント環境での動作サポート | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

クライアント操作ログ管理「MylogStar 4 Release4」リリース、シンクライアント環境での動作サポート

株式会社ラネクシーは4月7日、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの最新版「MylogStar 4 Release4」の販売を開始すると発表した。本製品は同社の提携代理店経由で4月12日より受注を開始し、出荷開始は4月19日を予定している。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラネクシーは4月7日、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの最新版「MylogStar 4 Release4」の販売を開始すると発表した。本製品は同社の提携代理店経由で4月12日より受注を開始し、出荷開始は4月19日を予定している。

MylogStarは、クライアント操作ログ管理製品として、内部統制で企業に求められる監査証跡管理機能に加え、デバイス制御やアプリケーション起動制御などによる情報漏えい予防と問題発生時の原因究明・拡散防止を容易にする追跡機能を提供するソフト。顧客環境に合わせ1台のスタンドアロンPCから大規模構成への導入に対応し、クライアントの集中管理においては、導入インフラ環境を物理・シンクライアント問わずに正確な操作ログの取得が可能で、最大30,000クライアントまでの一元管理を実現する。

今回発表したRelease4では、各仮想化ベンダーが提供する最新のシンクライアント環境での動作をサポート。MylogStarで取得可能な全15種類のログ項目のうち、ユーザーログ(ログオン/ログオフ情報)においては、リモートデスクトップ接続の環境でPCを利用する際、サインアウトせずに切断した場合でもリモートデスクトップの接続・切断の履歴確認が可能となった。

Release4の新機能としては下記が挙げられる。

Microsoft Windows 10, version 20H2上での動作検証を行いサポート対象として追加
VMware vSphere 7上での動作検証を行いサポート対象として追加
VMware Horizon 8上でのVDIおよびSBC環境において動作検証を行いサポート対象として追加
Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912(LTSR)上での動作検証を行い検証済み環境として追加
MylogStar Desktop / FileServerにアクセス制御の一時解除キー発行機能を追加
アクセス制御の一時解除機能を利用した証跡をステータスログに記録
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×