LAC、管理漏れ公開サービスを把握するIPアドレス調査提供開始 | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

LAC、管理漏れ公開サービスを把握するIPアドレス調査提供開始

株式会社ラックは3月31日、テレワーク対策やクラウドサービス利用などで拡張されたシステムにより発生するセキュリティ事故を防ぐため、システム担当者の管理下にないIPアドレスの利用状況を把握して対策する、IPアドレス調査「Quick Discovery」の提供を同日から開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは3月31日、テレワーク対策やクラウドサービス利用などで拡張されたシステムにより発生するセキュリティ事故を防ぐため、システム担当者の管理下にないIPアドレスの利用状況を把握して対策する、IPアドレス調査「Quick Discovery」の提供を同日から開始した。

本サービスでは、組織がインターネット上に公開するIPアドレスを調査し、応答があったIPアドレスと公開サービスを一覧情報にして管理を実現。システムの安全性を調査する手段としてはセキュリティ診断が一般的だが、IPアドレスの利用状況を把握できていない場合は、診断対象に漏れが生じ適切な診断ができなくなる。プラットフォーム診断などの診断対象の選定に、本サービスの活用が可能。

本サービスでは、指定したグローバルIPのネットワークアドレスに対し、代表的な30個のTCP/UDPポートにスキャンを実施、短期間でIPアドレスの利用実態を調査する。調査結果報告書は3営業日前後にExcel形式で提供し、管理外のWebサービスの応答があった場合は、サイトの判別がしやすいようトップ画面のキャプチャを補足資料に記載する。

本サービスの参考価格は500 IPのスポット調査で187,000円から。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×