PCI DSS v4.0の公開予定延期、fjコンサルティング 見解 | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

PCI DSS v4.0の公開予定延期、fjコンサルティング 見解

PCI DSSに領域に特化したサービスを提供するfjコンサルティング株式会社は3月19日、2021年第2四半期とされていたPCI DSS v4.0の公開予定延期に関する見解を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
PCI DSSに領域に特化したサービスを提供するfjコンサルティング株式会社は3月19日、2021年第2四半期とされていたPCI DSS v4.0の公開予定延期に関する見解を発表した。

PCI Security Standards Council 公式ブログに掲載された新しいスケジュールでは、PCI DSS v4.0の完成は2021年第4四半期を目標となっており、その理由については監査報告書(ROC)、自己問診票(SAQ)、準拠証明書(AOC)などの付属文書についてRFC(Request for Comment)の追加実施を行い、その結果を反映するためとしている。

同社によると、追加実施される付属文書のRFCは2021年6月頃の実施が予定され、提示されるドラフトには2020年秋に実施されたドラフト第2版に対するRFCのフィードバックの反映が想定されるという。

PCI DSS v4.0公開から移行完了までのスケジュールは、今後数か月以内にPCI SSCから発表される予定である。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×