3月前半の都内企業のテレワーク実施状況、導入率は59.0%に | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

3月前半の都内企業のテレワーク実施状況、導入率は59.0%に

東京都は3月19日、緊急事態宣言が延長された3月前半の都内企業のテレワーク実施状況について、調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
東京都は3月19日、緊急事態宣言が延長された3月前半の都内企業のテレワーク実施状況について、調査結果を発表した。

調査結果によると、従業員30人以上の都内企業の3月前半のテレワーク導入率は59.0%で、2月後半(58.7%)と比較し0.3ポイント上昇している。

従業員規模別の導入率では、300人以上(72社)の企業では「導入している」が80.6%、100~299人(105社)の企業では60.0%、30~99人(269社)の企業では52.8%と規模に比例し導入率が高い結果となった。

3月前半にテレワークを実施した社員は、平均約5割(54.4%)と、2月後半(50.3%)に比べて4.1ポイント上昇している。

3月前半のテレワークの実施回数は、週3日以上の実施が50.7%と、2月後半(53.5%)に比べて概ね横ばいの傾向となった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×