メールマガジン本文に登録者2,752人のメールアドレスを記載し誤送信 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

メールマガジン本文に登録者2,752人のメールアドレスを記載し誤送信

コンテンツマーケティング事業などを行うCROCO株式会社は3月16日、同社のShinobiライティング運営事務局で配信したメールマガジンに本文とは関係のないメールアドレスを表示した状態で送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
コンテンツマーケティング事業などを行うCROCO株式会社は3月16日、同社のShinobiライティング運営事務局で配信したメールマガジンに本文とは関係のないメールアドレスを表示した状態で送信したことが判明したと発表した。

これは3月15日午後10時頃に、同社のShinobiライティング運営事務局でメールマガジン「【3月20日(土)開催!】ウェビナー 2021年必須のWebライティングの極意!高単価案件を獲得できるWebライターに求められるスキルとは」を配信する際に、人為的なミスによりメールマガジン配信システム内のメール本文を設定する場所に誤って別の配信リストを設定しまったことが原因で、本メールマガジンの一部が表題とは関係のないメールアドレスが本文に表示された状態で配信されたというもの。

流出したのはメールマガジン登録者2,752人のメールアドレスで、21,757件配信された。

同社では3月16日に、当該メール受信者に対しメールアドレス流出に関する謝罪と当該メールの破棄・削除を依頼するメールを送信している。

同社では今後、配信オペレーションの見直しとメールマガジン配信システムの改修を実施し、複数人による配信オペレーションとシステムによる自動的な表記判定を組み合わせ、送信前のチェックが適切に行われるよう業務改善し再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×