2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に | ScanNetSecurity
2021.03.02(火)

2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月17日、2020年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月17日、2020年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。これは、同期間にIPAセキュリティセンターで受理した、コンピュータウイルスと不正アクセスに関する届出状況をまとめたもの。ウイルスの多様化などにより、2019年からはウイルスの検知名を元にした分類を取りやめ、届出1回につき1件として集計している。

2020年に寄せられたウイルス届出の年間件数は前年の259件から7割増となる449件で、このうちウイルス感染被害があった届出は62件であった。主なウイルス被害の内訳は「Emotet」感染被害39件、ランサムウェア感染被害11件となっている。月別でみると、9月がもっとも多く70件、被害件数も9月が19件で最多であった。2020年年間の検出数は979,439個で、前年の746,206個から約31.3%増加している。月別では、9月が突出して多かった。

ウイルス届出にみられた傾向として、2019年と同様に2020年は「Emotet」と呼ばれるウイルスの検知・感染被害の届出が年間を通じて寄せられ、特に9月は26件、10月は15件の届出があり、他の月に対して増加した。「Emotet」は2021年1月も検知・感染被害の届出が継続して寄せられていたが、欧州刑事警察機構(Europol)を中心とした活動により、攻撃基盤の停止に成功したと報道されている。

不正アクセス届出件数では、2020年の届出件数は前年の89件より98件多い187件で、このうち被害があったのは143件と全体の約76.5%を占めた。届出の種別では、「侵入行為」が280件、「なりすまし」が73件、「スパムメール」が27件となっている。被害内容別の届出件数について、「データの窃取、盗み見」が104件、「オンラインサービスの不正利用」が39件、「ファイルの書き換え」が39件となっている。被害があった届出のうち、原因が判明しているものは「設定不備」で32件、「古いバージョン、修正プログラム未導入など」が27件、「ログイン試行(パスワードリスト型攻撃)」が17件などとなっている。「不明」は27件あり、原因の特定に至らない事例も一定の割合を占めている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×