他人のIDカード使用し原発の中央制御室に、詳細は公開されず | ScanNetSecurity
2021.03.06(土)

他人のIDカード使用し原発の中央制御室に、詳細は公開されず

東京電力ホールディングス株式会社は1月23日、柏崎刈羽原子力発電所所員における発電所建屋内への不正な入域について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京電力ホールディングス株式会社は1月23日、柏崎刈羽原子力発電所所員における発電所建屋内への不正な入域について発表した。

これは2020年9月下旬に、柏崎刈羽原子力発電所建屋内の中央制御室に同社社員が他人のIDカードを使用して入域したというもの。不正入域した社員は中央制御室に入域する資格を有していた。

同社では、本事案の発生後、対策を実施するとともに原子力規制庁への報告も実施済み。

なお同社では、核物質防護上の脆弱性が公になる恐れがあること、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律によりこれ以上の詳細は公表していない。

同社では今後、発電所内の核物質防護対策の徹底を図るとともに、社員教育の徹底に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×