横浜市交通局職員 懲戒処分、定期券販売機を不正利用し 個人情報検索 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

横浜市交通局職員 懲戒処分、定期券販売機を不正利用し 個人情報検索

横浜市は12月24日、横浜市交通局職員の懲戒処分について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
横浜市は12月24日、横浜市交通局職員の懲戒処分について発表した。

これは横浜市交通局高速鉄道本部駅務管理所に所属する運輸職員(40代)が、2020年8月12日から24日にかけて、勤務時間内に定期券販売機を不正に利用し、同僚職員の個人情報を検索した事案について、同日付で減給1号(1日の平均賃金×100分の50)の処分を行ったというもの。

被処分者:運輸職員(40代)
所属:高速鉄道本部駅務管理所
処分内容:減給1号
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×