Salesforce上の組織の一部情報が第三者から閲覧可能に、ユーザーに設定確認を呼びかけ | ScanNetSecurity
2024.05.31(金)

Salesforce上の組織の一部情報が第三者から閲覧可能に、ユーザーに設定確認を呼びかけ

クラウドアプリケーション及びクラウドプラットフォームを提供する株式会社セールスフォース・ドットコムは12月25日、Salesforce上の組織の一部情報が第三者から閲覧できる事象が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
クラウドアプリケーション及びクラウドプラットフォームを提供する株式会社セールスフォース・ドットコムは12月25日、Salesforce上の組織の一部情報が第三者から閲覧できる事象が判明したと発表した。

これは同社の一部製品または機能(Experience Cloud(旧 Community Cloud)、Salesforceサイト、Site.com)を利用する顧客において、顧客の利用するSalesforce上の組織の一部情報が第三者から閲覧できる事象が判明したというもので、顧客から連絡があり発覚した。

同社によると、本件は同社製品の脆弱性に起因するものではなく、ゲストユーザに対する情報の共有に関する設定が適切に行われていない場合に発生する事象で、同社では顧客がゲストユーザの共有に関する設定を確認するための詳細なガイドを用意している。

同社では今後も、顧客環境のゲストユーザの共有に関する設定を確認するよう顧客に案内するとともに、顧客の状況に応じて必要な支援を提供するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×