患者の血液検査データ、USBで受け渡し運用 | ScanNetSecurity
2024.06.25(火)

患者の血液検査データ、USBで受け渡し運用

公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院では12月22日、同院で受診した患者の血液検査(総蛋白の結果データ)が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(血液検査(総蛋白の結果データ)が保存されているUSBメモリーの紛失について)
  • リリース(紛失した情報)
  • リリース(当案件に関するお問い合わせ先)
公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院では12月22日、同院で受診した患者の血液検査(総蛋白の結果データ)が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

同院では血液検査「蛋白分画」の分析を株式会社大阪血清微生物研究所に外注し、採取した検体と合わせて結果値をUSBメモリに保存し受け渡す運用を行っているが、11月18日に受け渡し分のUSBメモリの紛失が発覚した。

紛失したUSBメモリに保存されていたのは、11月9日から11月11日までの間に同院で行った血液検査結果のうち、患者の実数は1,526名、データ数は1,717件の総蛋白の検査データで受付日、受付番号、患者ID、カナ氏名、依頼元の診療科、依頼医師、検査値が記録されていた。なお、当該USBメモリは、パスワードロック機能やファイル暗号化等の情報漏えい対策が行われていないことが判明している。

紛失が発覚した後、大阪血清微生物研究所では所内および他の契約医療機関の捜索を行ったが、現時点では発見には至っていない。

同院では既に、個人情報保護委員会および大阪市保健所へ届出を行っている。

同院では再発防止策として、パスワードロック機能付きのUSBメモリへの変更とファイル暗号化の運用変更を実施、更にその後、総蛋白の検査を大阪血清微生物研究所で測定する運用に変更し検査値の受け渡しそのものを廃止した。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  2. 大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

    大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

  3. 迷惑メール 7 万件送信 ~ 三重県文化振興事業団が管理するメールアカウントが不正に窃取

    迷惑メール 7 万件送信 ~ 三重県文化振興事業団が管理するメールアカウントが不正に窃取

  4. 東京都の再委託先がフォームを誤設定、スマホサポーターの個人情報が閲覧可能に

  5. 手術画像の写真も ~ 名古屋大学 大学院 医学系研究科学生が患者情報を SNS 投稿

  6. 本番テスト用サイトに不正アクセス、身代金要求のメッセージを記載(日本経営協会)

  7. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  8. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  9. ダイセルのフランス法人にランサムウェア攻撃、現時点で情報流出確認されず

  10. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×