くすの木病院職員を装った不審メールを確認、注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

くすの木病院職員を装った不審メールを確認、注意を呼びかけ

医療法人社団三思会くすの木病院は12月14日、同院の職員を装った不審なメールへの注意喚起を発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(【重要】不審なメール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起)
  • リリース(不審メールを受信したら)
医療法人社団三思会くすの木病院は12月14日、同院の職員を装った不審なメールへの注意喚起を発表した。

同院によると、12月9日以降に同院の職員を装った不審なメールが多数発生しており、確認したメールの一例としては、差出人が「くすの木病院 ○○(〇〇〇@kusunoki-hp.com)」となっているが、送信元アドレスは異なっており、件名は「Re:過去のやり取りしたメールの件名」の他、返信を装わないケースも確認、本文には過去のやり取りがあったメールとの関連を連想させる簡単な文章や、実際にやり取りのあった文書、英語または文字化けした文書、添付ファイルのパスワードやURLのリンクが記載されている。

同院では事態を把握後に速やかに同院の全パソコンのウイルスチェックを実施し、ウイルスに確認していないことを確認済みで、また電子カルテなどの院内業務システムとはネットワークを分離しているため影響は無いとのこと。

同院では、同院を装った不審なメールを受信した場合は、リンクや添付ファイルを開封せずに削除するよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  2. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  3. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  6. 富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

  7. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  8. 症例情報は匿名化処理済みのため患者の特定はできず ~ QST病院にランサムウェア攻撃

  9. 問い合せフォーム機能悪用さる ~ タカラベルモントの海外向けウェブサイトのサーバがフィッシングメール送信の踏み台に

  10. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×