Auth0、リスクが検知された場合のみ多要素認証を求める「アダプティブ多要素認証」提供 | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

Auth0、リスクが検知された場合のみ多要素認証を求める「アダプティブ多要素認証」提供

Auth0株式会社は12月17日、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減する高度なセキュリティ機能、アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Auth0株式会社は12月17日、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減する高度なセキュリティ機能、アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)の提供を開始した。アダプティブ多要素認証では、特定ユーザーの行動パターンに合致しない場合にのみ、エンドユーザーに二次的な認証を要求することが可能となる。

アダプティブ多要素認証は、ユーザー体験を維持しながらセキュリティを確保するという企業の固有の課題を解決するために同社が設計、従来の多要素認証では、ログインごとに試行され、ユーザーに追加のステップが発生するが、同機能ではログインがリスクを伴うと判断された場合にのみ表示。これは、既知のデバイスからの異常行動や不可能な移動、IP レピュテーションを測定する総合的なリスクスコアによって計算される。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×