大阪大学の学内施設予約システムに不正アクセス、43,213名の個人情報流出の可能性 | ScanNetSecurity
2024.06.21(金)

大阪大学の学内施設予約システムに不正アクセス、43,213名の個人情報流出の可能性

国立大学法人大阪大学は12月9日、12月1日に同学の学内宿泊施設予約システムのサーバに対し、学外から不正アクセスがあり同システム利用者の個人情報が漏えいした可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人大阪大学は12月9日、12月1日に同学の学内宿泊施設予約システムのサーバに対し、学外から不正アクセスがあり同システム利用者の個人情報が漏えいした可能性が判明したと発表した。

流出した可能性があるのは、同システム運用開始時の2017年4月から2020年12月1日までに同システムを利用した46,630件、43,213名の個人情報(予約時に入力した項目)。

同学では個人情報流出の対象者で、連絡先を把握できている者に対し順次連絡を行っている。

同学では即日、当該サーバへの通信を遮断し、同システムの使用を停止、原因について現在調査を行っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×