トレンドマイクロ ServerProtect for Linuxにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

トレンドマイクロ ServerProtect for Linuxにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月7日、トレンドマイクロ製ServerProtect for Linuxにおけるヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月7日、トレンドマイクロ株式会社製ServerProtect for Linuxにおけるヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

ServerProtect for Linux バージョン 3.0

想定される影響としては、高特権コードを実行可能な第三者によって権限を昇格される可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、カーネルフックモジュールをKHM 3.0.1.0022にアップデートするか、当該製品が動作するサーバへの物理的またはリモートでのアクセスを信頼できるユーザに限定するよう回避策を適用するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×