シールを二重貼りしたため第三者の宛名が確認可能、「Disney x LINE」会員継続特典送付の2,608名 | ScanNetSecurity
2024.06.21(金)

シールを二重貼りしたため第三者の宛名が確認可能、「Disney x LINE」会員継続特典送付の2,608名

LINE株式会社は12月3日、「Disney x LINE」12ヶ月プラン会員継続特典の送付の際、梱包の箱に貼付した宛名シールの下に別顧客の宛名シールが貼付され、閲覧可能な状態となっていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
LINE株式会社は12月3日、「Disney x LINE」12ヶ月プラン会員継続特典の送付の際、梱包の箱に貼付した宛名シールの下に別顧客の宛名シールが貼付され、閲覧可能な状態となっていたことが判明したと発表した。

これは11月30日に発送した「Disney x LINE」12ヶ月プラン会員継続特典について、同社の配送委託先が配送業者を変更した際に宛名シールの貼り替えが必要となったが、委託先の判断で元の送り状を剥がさずに上から別の顧客の宛名シールを貼付したというもので、12月1日午後4時28分に、配送対象の顧客から問い合わせがあり発覚、12月2日午後2時2分に配送委託先から事実確認を行った。

漏えいしたのは、11月30日に「Disney x LINE」12ヶ月プラン会員継続特典が発送された2,608件の顧客の住所、氏名を含む個人情報。

同社では対象の顧客に対し、個別に本事案の説明と謝罪を行うとともに、個人情報保護のため宛名シール部分の回収を準備している。同社では後日、対象の顧客に回収方法を案内する予定で、それまでは宛名シールを剥がさず保管するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×