モリサワがイベント案内メール誤送信、リスト作成時のヒューマンエラー | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

モリサワがイベント案内メール誤送信、リスト作成時のヒューマンエラー

株式会社モリサワは11月19日、同社から配信したイベント案内に関するメールにて、一部顧客に対し誤って別顧客の契約番号および氏名を記載したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社モリサワは11月19日、同社から配信したイベント案内に関するメールにて、一部顧客に対し誤って別顧客の契約番号および氏名を記載したことが判明したと発表した。

これは11月18日午前11時頃に配信したイベント案内に関するメールにて、配信先となる顧客リストの生成時に、作業工程での人的ミスで契約番号および氏名とメールアドレスとの組み合わせにずれが生じたことが原因で、顧客の契約番号および氏名とメールアドレスが一致しない状態で配信したというもの。

メール件名は「【イベントのご案内】 FONT COLLEGE Vol.6[オンライン]~2020年新書体徹底解剖SPECIAL~」で、誤送信のあった情報は契約番号と氏名で対象人数は34,806件。

同社では誤配信のあった顧客に対し、メールにて謝罪と当該メールの削除を依頼済み。

同社では今後、メールの配信作業工程を見直し、再発防止を徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×