産総研、AI の品質を定量評価する「機械学習システムの品質評価テストベッドα版」公開 | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

産総研、AI の品質を定量評価する「機械学習システムの品質評価テストベッドα版」公開

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は11月18日、「機械学習システムの品質評価テストベッドα版(機能限定)」を企業・大学などの開発者向けにオープンソースソフトウエアとして同日から公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は11月18日、「機械学習システムの品質評価テストベッドα版(機能限定)」を企業・大学などの開発者向けにオープンソースソフトウエアとして同日から公開した。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と産総研では、人と共に進化するAIシステムの実現に向け基盤技術の開発に取り組んでおり、AIシステムに関する品質の指標と測定プロセスを提供する「機械学習システムの品質評価テストベッドα版(機能限定)」を開発、本テストベッドの利用で、AIシステムの品質を定量的に評価するとともに、開発プロセスや評価記録・検証など包括的な支援を行うことが可能となり、品質に関する不透明性の解消やビジネス活用の加速が期待できる。

本テストベッドは、AIシステム開発者、AIシステム品質評価者、評価手法開発者が共同で参加し、AIシステム開発時に品質管理で用いる学習・検査などのツールを組み込み、開発プロセス支援と評価記録・検証とを両立させる作業環境を提供するソフトウエア群で、「AIシステム評価パッケージ(AIT)」作成ツール、品質アセスメントWebサーバ、評価レポート作成アプリケーションの三つの要素で構成されている。

産総研では今後、引き続きNEDOの「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」で、データの前処理・可視化・工程管理追跡など機能強化を行うとともに、さまざまなAITの収集・管理・共有が可能なオンラインストレージを構築しテストベッドと一体化したβ版の公開を目指す。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×