FreeBSD の IPv6 ソケットにおける競合状態と Use-After-Free の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

FreeBSD の IPv6 ソケットにおける競合状態と Use-After-Free の脆弱性(Scan Tech Report)

2020 年 7 月に、UNIX 系 OS である FreeBSD に、管理者権限の奪取が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要
 2020 年 7 月に、UNIX 系 OS である FreeBSD に、管理者権限の奪取が可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用されてしまった場合は、対象システムに一般権限での侵入に成功した攻撃者に、管理者権限を奪取されてしまいます。セキュリティパッチの適用により、対策してください。

◆分析者コメント
 脆弱性は FreeBSD のみではなく、Sony PlayStation 4 のような FreeBSD をベースとして開発された機器にも影響があります。幅広いバージョンの OS が当該脆弱性の影響を受けるため、攻撃者に侵入されてしまった場合に備えて、セキュリティパッチの適用により対策してください。

◆深刻度(CVSS)
[CVSS v3.0]
8.1
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2020-7457&vector=AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 FreeBSD の以下のバージョンが当該脆弱性の影響を受けます。

  + 12 系: r359565 未満
  + 12.1 系: r363026 未満
  + 11 系: r362975 未満
  + 11.4 系: r363026 未満
  + 11.3 系: r363026 未満

 バージョン 9 系の FreeBSD も当該脆弱性の影響を受けますが、セキュリティパッチの公開はありません。また、Sony PlayStation 4 のバージョン 7.02 未満も当該脆弱性の影響を受けます。

◆解説
 UNIX 系 OS として世界的に利用されている FreeBSD に、悪用により管理者権限の奪取が可能となるメモリ破壊系の脆弱性が報告されています。
《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×