オンライン融資プラットフォーム開発会社がサービス利用者へメールを誤送信(クレジットエンジン) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

オンライン融資プラットフォーム開発会社がサービス利用者へメールを誤送信(クレジットエンジン)

オンライン融資プラットフォームの企画・開発・運営を行うクレジットエンジン株式会社は9月9日、同社が提供するサービスを利用する顧客の一部に対しメール送信した際、当該メールを受信した全員分のメールアドレスが表示されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
オンライン融資プラットフォームの企画・開発・運営を行うクレジットエンジン株式会社は9月9日、同社が提供するサービスを利用する顧客の一部に対しメール送信した際、当該メールを受信した全員分のメールアドレスが表示されたことが判明したと発表した。

これは9月8日午後1時56分に、同社が提供するCreditEngine DataHubを利用する顧客の一部に対し、「【CreditEngine DataHub】データ連携方法の変更について」の件名でメール送信した際に、人為的なミスで「TO」欄にメールアドレスを入力したため、当該メールを受信した利用者すべてのメールアドレスが表示されたというもの。

金融系の会社で、BCC送信を行うつもりが人為的ミスにより「TO」/「CC」欄にアドレスを入力し誤送信するという例はあまり無い。

流出したのは、CreditEngine DataHub 利用者のメールアドレス14件。

同社では9月8日午後3時2分に「メールアドレス誤表示のお詫び」を、その後個別に「メールアドレス誤表示についてのお詫びとご報告」を連絡した。

同社では今後、準備が整い次第メール配信のシステムを開発する予定とのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×