利用者1名のパスワードが窃取、迷惑メール送信の踏み台に(岡山大学) | ScanNetSecurity
2020.09.21(月)

利用者1名のパスワードが窃取、迷惑メール送信の踏み台に(岡山大学)

国立大学法人岡山大学は8月26日、学外からの不正アクセスにより同学のメールアドレスから迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人岡山大学は8月26日、学外からの不正アクセスにより同学のメールアドレスから迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

これは同学のメールサービス利用者1名のメールパスワードが窃取され、8月24日午後4時20分頃から午後8時10分頃にかけて、学外からの不正アクセスで当該利用者のメールアドレスから約2,000件の迷惑メールが送信されたというもの。

なお、現時点にて本件に関する二次被害は確認されておらず、調査の結果、メールの盗み見や個人情報の流出は確認されていない。

同学では、当該メールを受信した場合は添付ファイルの開封やメール本文中のURLのクリックを控え、メールごと削除するよう注意を呼びかけている。

同学では今後、パスワードの適切な管理の徹底の他、再発防止に向けたシステム運用の見直しを行うとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×