IoTデバイスのデータ通信の機器認証にブロックチェーンを活用(トッパン・フォームズ、Keychain) | ScanNetSecurity
2020.09.25(金)

IoTデバイスのデータ通信の機器認証にブロックチェーンを活用(トッパン・フォームズ、Keychain)

トッパン・フォームズ株式会社と合同会社Keychainは8月24日、IoTデバイスのデータ通信における機器認証にブロックチェーンを活用し、高速・軽量な認証基盤を構築する実証実験でセキュリティ確保に関する有効性を確認できたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トッパン・フォームズ株式会社と合同会社Keychainは8月24日、IoTデバイスのデータ通信における機器認証にブロックチェーンを活用し、高速・軽量な認証基盤を構築する実証実験でセキュリティ確保に関する有効性を確認できたと発表した。

近年はIoTデバイスを標的としたサイバー攻撃が増加傾向にありセキュリティ対策の重要性が高まっているが、企業や団体が行うセキュリティ対策はデータを取り扱う最上位層であるクラウドが中心で下位層のIoTデバイスへのセキュリティ対策が課題となっている。また、既存のシステムではデバイス数に比例し負荷が上昇するため、高速・軽量で低スペックなIoTデバイスに組み込み可能なアプリケーションが求められている。

トッパンフォームズ社とKeychain社は2020年4月1日に、戦略的パートナーシップ契約を締結しIoT分野におけるブロックチェーン活用について取り組みを進めているが、第1弾としてトッパン・フォームズ関西株式会社の大阪桜井工場で行われている「感情・ストレス分析サービス」の実証実験にて、ウェアラブルデバイスからバイタルデータを収集するIoTゲートウェイと、クラウドとの間の通信でセキュリティを確保する実証実験を実施、認証管理のみブロックチェーンに記録し、その他のデータは暗号化しインターネットを介し送信することで高速・軽量な認証基盤と端末レベルでのセキュリティ確保が実現できることを確認した。なお、認証基盤の構築には「Keychain Core」を使用した。

両社では今後、IoTセキュリティの機能拡充やウェアラブルデバイスの高付加価値化に寄与する機能の開発を継続し、データ活用サービスの提供を通じて、社会的課題の解決に努めるとのこと。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×