入出金ツールに不正アクセス、一部顧客の個人情報が流出(サクソバンク証券) | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

入出金ツールに不正アクセス、一部顧客の個人情報が流出(サクソバンク証券)

FX取引や海外株式取引サービスを行うサクソバンク証券株式会社は7月16日、入出金ツールに対し第三者からの不正アクセスがあり、一部顧客の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
FX取引や海外株式取引サービスを行うサクソバンク証券株式会社は7月16日、入出金ツールに対し第三者からの不正アクセスがあり、一部顧客の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは7月14日午前6時頃に、外部ベンターが同社向けに開発した入出金ツールに対し第三者からの不正アクセスがあり、当該ツールを格納するサーバ内に保管された一部顧客の個人情報が流出した可能性が判明したというもの。

流出した可能性があるのは、一部顧客の氏名、住所、生年月日、ご連絡先情報、銀行口座情報、本人確認書類等を含む個人情報。なお、SaxoTrader PROやSaxoTraderGoなど同社取引システムへのログインに必要なパスワードや顧客の取引口座情報等は親会社であるサクソバンクA/Sが管理するサーバーで保管されているため、今回の不正アクセスによる情報流出は無いことを確認済み。

同社では漏えいが判明した顧客に対し、個別に連絡を行う。

同社では現在、本件に係るサーバーをシャットダウンし、外部からのアクセスを一切遮断、原因についても第三者調査機関による調査を行っている。また、同社では既に警察当局への報告と相談を行っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×