生かき販売「かきのクニヒロ」に不正アクセス、約1年分のカード決済情報が流出(クニヒロ) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

生かき販売「かきのクニヒロ」に不正アクセス、約1年分のカード決済情報が流出(クニヒロ)

生かきをはじめとする生鮮魚介類の加工販売を行うクニヒロ株式会社は7月1日、同社が運営する「かきのクニヒロ」にて第三者からの不正アクセスがあり、顧客のカード情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(弊社ECサイトへの不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ)
  • リリース(経緯)
  • リリース(お客様へのお願い)
  • リリース(本件に関するお問い合わせ窓口)
生かきをはじめとする生鮮魚介類の加工販売を行うクニヒロ株式会社は7月1日、同社が運営する「かきのクニヒロ」にて第三者からの不正アクセスがあり、顧客のカード情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは2019年12月6日に、一部のクレジットカード会社から「かきのクニヒロ」( http://kunihiro.net )を利用した顧客のカード情報の流出懸念について連絡があり同日中にカード決済を停止、2019年12月9日には同サイトの運営を停止し、第三者調査機関による調査を実施したところ、2020年1月30日に完了した調査結果より、同サイトのシステムの一部の脆弱性を突いた第三者の不正アクセスが原因で、顧客のカード情報が流出し、一部のカード情報については不正利用された可能性が判明したというもの。

流出した可能性があるのは、2018年12月22日から2019年12月6日の期間中に「かきのクニヒロ」にてカード決済を利用した顧客491名のカード情報(名義、番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では対象の顧客に対し、メールと書状にて個別に連絡を行う。

同社では既に、クレジットカード会社と連携し流出した可能性のあるカードによる取引のモニタリングを継続して実施し不正利用の防止に努めているが、顧客に対してもカードの利用明細に身に覚えのない請求項目が無いか確認するよう呼びかけている。

同社では2月20日に、広島県尾道警察署に被害届を提出、2月25日には個人情報保護委員会に報告を行っている。

同社では今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い、再発防止を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  3. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  4. 誤報「安田講堂 学生排除のため東京大学が警察導入」が SNS で広まる

  5. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  6. 公益財団法人東京しごと財団で内部保存用のファイルを 488 社に誤送信

  7. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  8. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  9. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  10. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×