卒業生名簿を議員事務所へ提供、退職職員に「バーチャル」懲戒処分決定し 大学の矜恃示す(愛媛大学) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

卒業生名簿を議員事務所へ提供、退職職員に「バーチャル」懲戒処分決定し 大学の矜恃示す(愛媛大学)

国立大学法人愛媛大学は7月9日、元職員が卒業生名簿の一部の個人情報を議員事務所・後援会事務所へ提供したことが判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(個人情報の不適切管理について(お詫び))
  • リリース(処分(相当)内容)
  • リリース(懲戒の事由)
国立大学法人愛媛大学は7月9日、元職員が卒業生名簿の一部の個人情報を議員事務所・後援会事務所へ提供したことが判明したと発表した。

これは同学理学部の元職員が、在職中の2019年6月頃と9月頃に理学部研究室で管理する卒業生名簿のうち一部の個人情報を議員事務所・後援会事務所へ紙媒体で提供したことが判明したというもの。

流出したのは、理学部研究室で管理する卒業生名簿のうち計104人分の個人情報(住所、氏名、ふりがな)。

同学では、当該事務所に個人情報の廃棄を依頼し、既に廃棄を完了している。

同学では、卒業生の個人情報を流出させるという行為は、国立大学法人愛媛大学有期契約職員就業規則第56条第5号及び第8号所定の懲戒理由に該当するものであるが、被処分者は既に本学を退職しているため就業規則上の懲戒処分を科すことは出来ないが、元職員の責任について大学としての見解を示すため同規則第55条第1項第4号を準用し、処分(相当)を決定した。

被処分者:理学部元研究員(有期契約職員)
処分(相当)内容:停職1月(相当)
処分(相当)年月日:2020年7月7日
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  2. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  3. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  4. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  6. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  7. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  8. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  9. 高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  10. 「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×