海外グループ会社メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信(古野電気) | ScanNetSecurity
2024.02.27(火)

海外グループ会社メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信(古野電気)

東証一部上場企業で舶用事業や無線LAN・ハンディターミナル事業を行う古野電気株式会社は6月29日、同社の海外グループ会社のメールアカウントに不正アクセスがあり迷惑メール送信が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東証一部上場企業で舶用事業や無線LAN・ハンディターミナル事業を行う古野電気株式会社は6月29日、同社の海外グループ会社のメールアカウントに不正アクセスがあり迷惑メール送信が判明したと発表した。

これは同社の海外グループ会社 FURUNO SINGAPORE Pte.Ltd. のメールアカウントに対し外部から不正アクセスがあり、当該メールアカウントから約800の迷惑メール送信が判明したというもの。

同社では新たな迷惑メール送信を防止するために不正利用されたメールアカウントを使用不可とするとともに、他の既存メールアカウントに不正利用が無いことを確認、迷惑メール送信が確認された取引先に対して、当該グループ会社から謝罪の連絡を行っている。

同社では今後、国内外のグループ会社における情報セキュリティの一層の強化に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×