サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁) | ScanNetSecurity
2022.06.25(土)

サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

公安調査庁は6月29日、国内外で深刻さを増すサイバー攻撃の現状等について広く周知するため「サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状2020」を作成し公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
公安調査庁は6月29日、国内外で深刻さを増すサイバー攻撃の現状等について広く周知するため「サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状2020」を作成し公開した。

「近年の主なサイバー攻撃事案」でWannaCryやNotPetyaなどについて言及しつつ、攻撃主体として国家または非国家の主体を挙げ、国家主体として指摘された例として米国による指摘として、北朝鮮、ロシア軍参謀本部情報総局、中国国家安全部、イランなどの名称を記載している。

攻撃の目的として「情報窃取・スパイ活動」「情報システムの破壊・機能妨害」「不正な金銭獲得」「心理戦・影響力工作」の4つが挙げられ「情報窃取・スパイ活動」のページには2015年に発生した日本年金機構における個人情報125万件流出事案が記載されている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×