自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市) | ScanNetSecurity
2024.02.27(火)

自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

神奈川県横浜市は6月19日、都筑中央公園の自然体験施設にてメールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
神奈川県横浜市は6月19日、都筑中央公園の自然体験施設にてメールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは6月19日午前10時51分に、都筑里山倶楽部が管理する都筑中央公園の自然体験施設にて、同倶楽部が把握する全メールアドレスをメール本文に記載し、かつ全ての宛先に送信したというもので、受信した市職員からの連絡で同日午前11時5分に同市の環境創造局北部公園緑地事務所が把握したというもの。

本来、指定管理者である都筑里山倶楽部が把握するメールアドレスの所外への持ち出しは禁止されているが、職員がデータを新しいパソコンに移行する際に、不要となったアドレスの整理を自宅で行おうと個人のメールアドレスに送信しようとしたところ誤送信した。

流出したのは254件分の氏名、組織名、メールアドレス。

同市では同日午前11時10分に、都筑里山倶楽部に対し状況確認し個人情報漏えいが判明、同日午後2時49分に同倶楽部から謝罪と削除依頼メールを送信した。

同市では今後、個人情報の適正な取り扱いやメールの適正・的確な使用方法について再確認するとともに、研修やダブルチェックによる確認等、再発防止策について指定管理者に改めて指導を行うとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×