Google, Bing 検索結果に表示された会員名簿、都道府県別一覧(日本視能訓練士協会) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

Google, Bing 検索結果に表示された会員名簿、都道府県別一覧(日本視能訓練士協会)

公益社団法人日本視能訓練士協会は4月25日、同協会の会員名簿の一部が特定のWeb検索で表示されることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益社団法人日本視能訓練士協会は4月25日、同協会の会員名簿の一部が特定のWeb検索で表示されることが判明したと発表した。

これは4月21日に、同協会の会員からインターネット上で会員名簿(PDFファイル)の一部が閲覧可能である旨の連絡があり、同協会にて会員管理Webシステム保守管理委託業者に調査を依頼したところ、同協会Webサイトでログインしないと閲覧不可能な会員情報がWeb検索の対象に含まれたというもの。

Web検索の対象となった会員情報は下記の通り。

・Google検索
岡山県:155名(氏名のみ記載68名、勤務先記載あり87名)

・Bing検索
東京都:960名(氏名のみ記載492名、勤務先記載あり468名)
愛知県:365名(氏名のみ記載199名、勤務先記載あり166名)
岡山県:155名(氏名のみ記載68名、勤務先記載あり87名)
広島県:107名(氏名のみ記載39名、勤務先記載あり68名)
愛媛県:44名(氏名のみ記載20名、勤務先記載あり24名)

同協会によると、Webサーバで保管している過去1ヶ月分(3月22日から4月21日)のログ記録を調査したところ、岡山県、広島県の名簿は検索エンジンにて表示対象になった46件のログが確認されたが、東京都、愛知県、愛媛県についてはシステム上呼び出されたログは無い。なお、いつから検索対象に含まれるようになったかを特定するには至らなかった。

同協会では既に、対策を実施済みで現在はWeb検索対象として表示されない。

同協会では今後、個人情報のセキュリティ対策を徹底するなどの再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×