業務資料をUSBメモリで持ち帰り懲戒処分、USB使用のログから発覚(糸魚川市) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

業務資料をUSBメモリで持ち帰り懲戒処分、USB使用のログから発覚(糸魚川市)

新潟県糸魚川市は4月13日、USBメモリに個人情報を記録し持ち帰った職員に対し懲戒処分を行ったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
新潟県糸魚川市は4月13日、USBメモリに個人情報を記録し持ち帰った職員に対し懲戒処分を行ったと発表した。

これは3月30日に確認された、同市の市民課主査の40代男性職員によるUSBメモリを用いた個人情報の持ち帰りについて、4月13日付けで地方公務員法第33条(信用失墜行為の禁止)違反で戒告処分を行ったというもの。

ScanNetSecurityの取材に対し担当者は「当該職員は自宅で仕事を行おうと業務に関するファイルを持ち帰ろうとしていたが、庁内では私物USBメモリの使用を禁止しており、ネットワーク上に私物USBメモリを使用したログがあり判明した」と回答した。
《高杉 世界( Sekai Takasugi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×