インシデント報告、フィッシングサイトの割合は高止まりか(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.08.05(水)

インシデント報告、フィッシングサイトの割合は高止まりか(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2020年1月1日から3月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月14日、2020年1月1日から3月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は6,510件で、前四半期(5,189件)から25%増加した。年間の報告件数では、2019年は20,147件で、2018年の16,398件から23%増加している。

同四半期のインシデントの内訳は「フィッシングサイト」が69.7%、「スキャン」が12.9%となった。フィッシングサイトの報告件数は3,839件で、前四半期の3,700件から4%の微増となっている。前年度同期(1,753件)からは119%の増加である。内訳では、国内のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は894件で、前四半期の889件から1%増加。国外のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は2,474件となり、前四半期の1,749件から41%の増加となった。

活動概要では、「『ビジネスメール詐欺の実態調査報告書』を公開」「『マルウエア Emotet を検知するツール EmoCheck』を公開」「『Japan Security Analyst Conference 2020』を開催」「『制御システムセキュリティカンファレンス 2020』を開催」の4つをトピックに挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×