「Amazon WorkSpaces」構築のエンジニア費用を無償化、テレワーク需要増加に応え(クラスメソッド) | ScanNetSecurity
2020.08.13(木)

「Amazon WorkSpaces」構築のエンジニア費用を無償化、テレワーク需要増加に応え(クラスメソッド)

クラスメソッドは、テレワーク(在宅勤務)の需要増加に応える施策として「テレワーク環境導入支援キャンペーン」を実施すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クラスメソッド株式会社は4月9日、テレワーク(在宅勤務)の需要増加に応える施策として「テレワーク環境導入支援キャンペーン」を実施すると発表した。遠隔から社内の業務環境にアクセスできる「Amazon WorkSpaces」環境の構築支援にかかるエンジニア対応費用について、30時間分を上限に無償で提供するというもの。

「Amazon WorkSpaces」は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供する仮想デスクトップ環境。その導入・構築は、20人規模の標準的なWindows Active Directory環境からの移行する場合には、約2週間のコンサルテーションと構築期間が見込まれ、エンジニア対応時間としては約30時間が想定される。同キャンペーンでは、このエンジニア対応費用を30時間分を上限に無償化する。

AWSでは、「Amazon WorkSpaces」と「Amazon WorkDocs」のサービスの新規利用者を対象に、4月1日から6月30日までの間、最大50人までの利用を無償とする発表を行っている。クラスメソッドによるキャンペーンと併用することで、テレワーク環境構築にかかる初期費用を大きく抑えることが可能となる。また、「Amazon WorkSpaces」の導入と活用方法を紹介するウェビナーも開催する。申し込みはキャンペーンサイトから。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×