LINEを騙るフィッシング、サイトを閉鎖しても次々に登場(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2022.06.29(水)

LINEを騙るフィッシング、サイトを閉鎖しても次々に登場(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、LINEを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は4月8日、LINEを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールは「[LINE緊急問題]」「LINEにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」という件名で、二段階認証を設置した、あるいは異常ログインがあったとして、リンクをクリックさせようとする。

確認されたリンク先URLは次の通り。なお、パスやパラメータがついたURLも確認されている。また、これ以外のドメイン名が使われている可能性もある。

サイトのURL
http://line●●●●.top/
https://line●●●●.com/
http://www.●●●●.com/
https://www.●●●●.com/

同協議会によると、4月8日9時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼しているという。また、フィッシングサイトは停止しても、URLを変えて次々と立ち上がっているため、引き続き注意が必要としている。さらに、このようなフィッシングサイトにて電話番号、認証番号、パスワードなどを絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×