全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

社会福祉法人全国手話研修センター全国手話検定試験事務局は3月28日、個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社会福祉法人全国手話研修センター全国手話検定試験事務局は3月28日、個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

これは3月13日午後6時20分から翌3月14日午前7時の間に、第14回全国手話検定試験受験者に係る個人情報が記録されたUSBメモリを同センター職員が紛失したことが判明したというもの。

紛失したUSBメモリには、受験番号、氏名、住所、生年月日、年齢、連絡先(電話番号、メールアドレス)を含む受験者の個人情報が記録されていた。

ScanNetSecurityの取材に対し、同センターでは責任者から連絡を行うと回答したが現時点で返答は無い。

同センターでは対象の受験者に対し、個別に書面で謝罪と説明を行う。

同センターでは引き続き、紛失したUSBメモリに捜索を行うとともに、インターネット上に情報が流出していないか監視を続けるとのこと。
《高杉 世界( Sekai Takasugi)》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×