この組織もBCCで送っていた、「有識者懇談会」資料送付で誤送信しメールアドレス流出(内閣官房) | ScanNetSecurity
2024.05.30(木)

この組織もBCCで送っていた、「有識者懇談会」資料送付で誤送信しメールアドレス流出(内閣官房)

内閣官房国土強靱化推進室は3月16日、メール誤送信による情報流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
内閣官房国土強靱化推進室は3月16日、メール誤送信による情報流出が発生したと発表した。

これは1月27日午後8時頃に、内閣官房国土強靱化推進室の担当者が「有識者懇談会」の資料を事前送付するために、懇談会委員、委員連絡担当者等に対し、送付先メールアドレスを誤って「CC」に入力し送付したために、受信者に互いのメールアドレスが見える状態となったというもの。

流出したのは懇談会委員、委員連絡担当者等36名分のメールアドレス。

同室では1月27日午後8時頃に、対象者に謝罪と当該メールの削除を依頼済み。

同室では今後、メール誤送信防止機能とその運用並びに事案発生時の速やかな報告について職員に改めて周知徹底を図るとともに、必要に応じ複数の職員によるチェックを行い再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×