オンラインの国内IoT機器情報を検索、日本発「SHODAN」(ゼロゼロワン) | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

オンラインの国内IoT機器情報を検索、日本発「SHODAN」(ゼロゼロワン)

ゼロゼロワンは、IoT機器の情報を可視化する純国産のSaaS型検索エンジン「Karma(カルマ)」β版の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ゼロゼロワンは3月5日、IoT機器の情報を可視化する純国産のSaaS型検索エンジン「Karma(カルマ)」β版の提供を開始したと発表した。同サービスは、インターネットに接続された国内のIoT機器情報を網羅的に検索するサービス。日本の企業が開発し、検索エンジンも日本にあるため、海外の同様のサービスよりも安全に利用できるとしている。

「SHODAN(ショーダン)」や「Censys(センシス)」といった既存のIoT検索エンジンでは、日本国内で主に流通するIoT機器の機種判別の精度が低く、必ずしもすべての機器が検索できるものではなかった。また、一般ユーザ向けにはサービスを提供していない。

「Karma」では、同社が開発している独自のシグネチャとOSINT情報によって、国内で流通する多くのIoT機器情報の可視化を実現した。検索結果に表示されるIoT機器の情報は、IoT機器が接続されたIPアドレス、位置情報、バナー情報など。今後は、IoT機器メーカー等に限定してIoT機器の既知の脆弱性情報も提供する予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×