無許可で個人情報持ち出し地下鉄で盗難、51歳係長 懲戒処分(名古屋市) | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

無許可で個人情報持ち出し地下鉄で盗難、51歳係長 懲戒処分(名古屋市)

愛知県名古屋市は2月14日、住宅都市局係長による個人情報の紛失について懲戒処分を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
愛知県名古屋市は2月14日、住宅都市局係長による個人情報の紛失について懲戒処分を発表した。

これは2019年10月11日に、同市の住宅都市局係長(男性、51歳)が個人情報が含まれる書類を上司の許可無く自宅へ持ち帰り、10月15日の出勤の際、地下鉄名城線右回りの瑞穂運動場東駅から久屋大通駅までの乗車中に当該書類を納めたカバンを網棚に置いたところ、カバンごと盗難に遭い書類を紛失した件について、2月14日付けで当該係長に対し戒告の懲戒処分を行ったというもの。また、管理監督責任者である住宅都市局課長と所属長に対しては口頭厳重注意が行われた。

なお、紛失したカバンについては、10月15日午後0時45分頃に東別院駅長室にて保管されていることが判明し、午後1時5分頃にカバンと当該書類があることを確認した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×