「Cybereason EDR」とSOCをあわせたマネージドサービスが月額46万円から(NECネッツエスアイ) | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

「Cybereason EDR」とSOCをあわせたマネージドサービスが月額46万円から(NECネッツエスアイ)

NECネッツエスアイは、自社のSOCとサイバーリーズン・ジャパンのエンドポイント・セキュリティ・ソリューション「Cybereason EDR」を組み合わせたセキュリティ運用サービスの提供を、4月1日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NECネッツエスアイ株式会社は1月23日、自社のセキュリティオペレーションセンター(SOC)と、サイバーリーズン・ジャパン株式会社のエンドポイント・セキュリティ・ソリューション「Cybereason EDR」を組み合わせたセキュリティ運用サービス(MSS)の提供を、4月1日より開始すると発表した。基本サービスメニューとして、24時間365日対応のセキュリティインシデント解析・通知サービス、および万一マルウェア感染を検出した場合の緊急隔離対応を行う。価格は月額46万円から。

「Cybereason EDR」は、エンドポイントにインストールしたエージェントによりログや挙動を収集し、クラウド上の解析エンジンで解析し、巧妙なサイバー攻撃を可視化する。これにNECネッツエスアイのSOCを組み合わせることで、セキュリティの専門知識や経験を必要とするインシデントの解析・対処、侵害が認められた場合の根本原因の特定、原因を除く恒久対策というセキュリティ・ライフサイクル・マネジメントを行える。

NECネッツエスアイは、同サービスを通じ、場所に依存しない働き方を推進するとともに、オプションや新規サービスの拡充を図ることで「Cybereason EDR」関連で今後3年間の累計売上20億円を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×