マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.04.01(水)

マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、2019年12月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は1月21日、2019年12月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。レポートによると、12月は「Emotet」が「Support Greta Thunberg - Time Person of the Year 2019(2019年の今年の人に選ばれたグレタさんを応援しよう!)」と「Christmas Party!」を含む各種のスパムメール キャンペーンを使って拡散されていた。

12月の「もっとも危険な」マルウェアの上位3種は、「Emotet」「XMRig」「Trickbot」となり、「Emotet」が3カ月連続でトップのマルウェア脅威となった。Emotetは12月に世界中の企業や組織のうち13%(11月は9%)に影響を及ぼし、XMRigとTrickbotはそれぞれ企業や組織の7%に影響を及ぼした。

12月の「もっとも危険な」モバイル マルウェアの上位3種は、1位が悪意のある他のアプリケーションのダウンロードや広告表示に使用されるAndroid向けアプリケーション「xHelper」、2位がAndroidを標的としたトロイの木馬で複数の正規なアプリケーションに埋め込まれていることが判明した「Guerrilla」、3位が正規のアプリを再パッケージしてサードパーティのアプリストアで公開するAndroidマルウェア「Hiddad」であった。

12月の「エクスプロイト数がもっとも多かった」脆弱性の上位3種は、1位が「HTTPを介したコマンド インジェクションにおける脆弱性」。攻撃者は巧妙に作成したリクエストを標的に送信することで、この脆弱性にリモートからエクスプロイトを実行でき、成功すると任意のコードを実行できる。2位が「MVPower DVRデバイスに対するリモートコード実行」、3位が「Webサーバ上のGitリポジトリにおける情報漏えい」となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×