アンケート協力依頼メールを誤送信、博士課程在籍者のアドレスが流出(琉球大学) | ScanNetSecurity
2020.03.31(火)

アンケート協力依頼メールを誤送信、博士課程在籍者のアドレスが流出(琉球大学)

国立大学法人琉球大学は1月17日、同学の職員がアンケート協力依頼メールを誤送信しメールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人琉球大学は1月17日、同学の職員がアンケート協力依頼メールを誤送信しメールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは1月15日午前10時16分に、同学職員が平成30年度に同学の大学院博士課程に在籍していた304名にアンケート協力依頼メールを送信した際に、誤って全メールアドレスを「To」に入力したため、メール送信対象者間でアドレスが相互に閲覧可能になったというもの。

流出したのは平成30年度琉球大学大学院博士課程に在籍していた304名のメールアドレス。

同学ではメールの全送信先へ、謝罪と受信したメールの削除を依頼済み。

同学では今後、メール送信時の確認を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×