委託業者が箕面市役所宛の「書留逓送文書」1通を紛失(大阪府) | ScanNetSecurity
2020.01.18(土)

委託業者が箕面市役所宛の「書留逓送文書」1通を紛失(大阪府)

大阪府は1月10日、府政情報室が行う文書等集配業務の委託業者が箕面市役所宛の「書留逓送文書」1通を紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪府は1月10日、府政情報室が行う文書等集配業務の委託業者が箕面市役所宛の「書留逓送文書」1通を紛失したことが判明したと発表した。

これは12月24日に、委託業者が箕面市役所宛の書留逓送文書を2通引き受け、各逓送機関から引き受けた文書数を府庁集配室で確認し仕分けを行い、同市役所宛の翌日配送分の書留逓送文書が他機関の文書と合わせて合計7通あることを確認し各宛先の逓送袋に封入したところ、翌日12月25日に委託業者が同市役所に配達した際に書留逓送文書が6通しかないことが判明したというもの。

委託業者では不明の1通について、府庁集配室内や集配に用いる全ての逓送袋や配達車両内を確認したが発見できず、12月26日に調査したところ住民票交付依頼書であることが判明し、府政情報室に紛失の報告を行った。

紛失したのは福祉部所属が発出元の住民票交付依頼書1通で、氏名、性別、生年月日、年齢(1名分)と親族氏名、本人との続柄、生年月日、住所(1名分)が記載されていた。

委託業者では12月26日に、同市役所に不明となっている文書が到達していないか再度確認をしたが届いておらず、翌12月27日に同市役所と同じ集配コースの出先機関等と全市町村に、誤って同市役所宛の書留逓送文書が届いていないか確認をしたが発見できなかった。

府政情報室では、職員が対象の親族に経緯の説明と謝罪を行った。

同府では委託業者に対し再発防止策として、「業務手引書」を遵守した業務遂行の徹底と書留逓送文書を逓送袋へ封入する際の複数人による再確認を指示した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×