患者の個人情報が保存されたノートパソコンをタクシーに置き忘れ紛失(大阪労災病院) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

患者の個人情報が保存されたノートパソコンをタクシーに置き忘れ紛失(大阪労災病院)

独立行政法人労働者健康安全機構大阪労災病院は12月27日、同院の職員によるノートパソコンの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人労働者健康安全機構大阪労災病院は12月27日、同院の職員によるノートパソコンの紛失が判明したと発表した。

これは同院の職員が11月30日に、患者の個人情報を記録したファイルを含むノートパソコンを帰宅途中のタクシーの車中に置き忘れ紛失したというもの。紛失判明後に、警察に遺失届を提出し、タクシー会社へ連絡する等の捜索を行ったが発見には至っていない。

なお、紛失したノートパソコンにはログインパスワードが設定されている。

同院では紛失したパソコンについて、引き続き回収に努めるとともに、ファイルに個人情報が含まれていた患者と家族に対し、個別に経緯説明と謝罪を行う。

同院では今後、個人情報の厳格な管理を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×