アクセス観測状況、11月期はDoS攻撃被害検知が大幅に減少(警察庁) | ScanNetSecurity
2020.07.10(金)

アクセス観測状況、11月期はDoS攻撃被害検知が大幅に減少(警察庁)

警察庁は、同庁のセンサーに対するアクセス観測状況をまとめた「令和元年11月期観測資料」を「@police」において公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は12月25日、同庁のセンサーに対するアクセス観測状況をまとめた「令和元年11月期観測資料」を「@police」において公開した。これによると、11月期におけるセンサーに対するアクセス件数は、1日・1IPアドレスあたり5,030.8件で、10月期(前期)から317.8件(6.7%)増加した。発信元IPアドレス数は、1日あたり52,859.9個で、前期から2,837.8個(5.1%)減少した。DoS攻撃被害検知件数は、1日あたり6,869.0件で、前期から1,653.2件(19.4%)減少した。発信元IPアドレス数は1日あたり263.9個で、前期から3,298.4個(92.6%)減少している。

宛先ポート別の検知件数では、「23/TCP」「445/TCP」「1433/TCP」「80/TCP」「8080/TCP」がトップ5となっており、発信元国・地域別検知件数では「オランダ」「ロシア」「中国」「米国」「エストニア」がトップ5であった。不正侵入等の着信元国・地域別アクセス検知件数では、「中国」「ロシア」「米国」「パナマ」「タイ」がトップ5となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×