FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県) | ScanNetSecurity
2020.04.05(日)

FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県)

高知県農業協同組合は12月9日、同組合にてFAX誤送信による個人情報の漏えいが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
高知県農業協同組合は12月9日、同組合にてFAX誤送信による個人情報の漏えいが発生したと発表した。

これは11月11日に、同組合内にて内部資料の確認のため当該資料の受け渡しでFAXを使用したところ、誤った送信先に送付したというもので、その後、誤送信先からの連絡で個人情報漏えいが発覚した。

誤送信したのはお客様番号、氏名、口座番号、貯金種類、電話番号、貯金残高を含む16件(15名)の個人情報。

同組合では誤送信先に訪問し謝罪するとともに誤送信したFAXを回収を行い、今後情報が外部に漏えいする可能性は無いとのこと。

同組合では今後、職員教育の徹底と情報管理体制の強化を行い再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×