サイバーセキュリティセンター開設、スペシャリスト育成と研究に活用(日立ほか) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

サイバーセキュリティセンター開設、スペシャリスト育成と研究に活用(日立ほか)

日立、日立ソリューションズ、日立ソリューションズ・クリエイトの3社は、日立グループにおける高度セキュリティ人財の育成、およびサイバーセキュリティ研究を目的とした「日立サイバーセキュリティセンター」を12月9日に開設する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所(日立)、株式会社日立ソリューションズ、株式会社日立ソリューションズ・クリエイトの3社は12月5日、日立グループにおける高度セキュリティ人財の育成、およびサイバーセキュリティ研究を目的とした「日立サイバーセキュリティセンター」を12月9日に開設すると発表した。この活用により、2022年3月末までに「日立情報セキュリティスペシャリスト」の10,000人規模での育成を目指す。

同施設では、日立グループ社員向けに、サイバー攻撃のシミュレーション体験と実践演習を行うことで、システムおよびサービス開発におけるサイバー攻撃対策の技術力向上を図り、セキュリティ人財を育成する。また、高度セキュリティプロフェッショナル人財がサイバーセキュリティの調査・研究を行うことで、日立グループ内外で急増するサイバー攻撃に対する迅速かつ適切な対応力の強化を目指す。

また、施設内にサイバーレンジ(仮想のサイバー演習空間)を構築し、オリジナルの脅威シナリオによるシミュレーション体験と実践演習を行う「Training Room」のほか、日立グループ内の高度セキュリティプロフェッショナル人財がサイバーセキュリティの調査・研究を行う「Research Room」、顧客向けのコンサルティングやサービス提供を行う「Service Room」も併設している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×