複数のトレンドマイクロ製品に、情報漏えいやファイル削除の脆弱性(トレンドマイクロ、JVN) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

複数のトレンドマイクロ製品に、情報漏えいやファイル削除の脆弱性(トレンドマイクロ、JVN)

トレンドマイクロが発表した2つの脆弱性に対し、IPAおよびJPCERT/CCが、「トレンドマイクロ株式会社製の複数の製品に複数の脆弱性」を「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
トレンドマイクロ株式会社が発表した2つの脆弱性に対し、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)が、「トレンドマイクロ株式会社製の複数の製品に複数の脆弱性」を11月26日に「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは7.1。

2つの脆弱性は、トレンドマイクロがアラート/アドバイザリとして発表した「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint における StartTLS LDAP機密性(CVE-2019-15626)」(10/30)、および「Trend Micro Deep Security における StartTLS LDAP機密性(CVE-2019-15626)およびローカルの任意ファイルのオーバーライドに関する脆弱性(CVE-2019-15627)について」(10/31)。

「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint(TMVP)Manager 2.0 SP2 Patch7 Critical Patch 以下」および「Deep Security Manager」には、特定の条件においてLDAPとの通信で暗号化されてない通信が行われる脆弱性(CVE-2019-15626)が確認されている。また、「Deep Security Agent」には、Windows版のDSAにおいてサーバ上の任意のファイルを削除できる脆弱性(CVE-2019-15627)が確認されている。

これらの脆弱性が悪用されると、暗号化されていないLDAP通信が行われ、情報が漏えいする(CVE-2019-15626)、あるいは、Trend Micro Deep Security Agentが稼働しているサーバ上の任意のファイルを削除される(CVE-2019-15627)可能性がある。トレンドマイクロでは、同脆弱性を解消する新バージョンまたはパッチをリリースしており、早期の適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×