患者情報を含むUSBメモリを紛失(滋賀医科大学医学部附属病院) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

患者情報を含むUSBメモリを紛失(滋賀医科大学医学部附属病院)

国立大学法人滋賀医科大学医学部附属病院は11月25日、患者情報を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人滋賀医科大学医学部附属病院は11月25日、患者情報を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

紛失したUSBメモリには、患者9名分の氏名、ID、医療機器に関する情報と5名分の疾患名が記録されていた。なお、現時点で情報の流出や悪用は確認されていない。

同院では該当の患者やその家族に対し、経緯の説明と謝罪を実施済みで、今後は再発防止を徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×