不法侵入ドローンを強制着陸させる製品のβ版開発(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2020.06.06(土)

不法侵入ドローンを強制着陸させる製品のβ版開発(カスペルスキー)

カスペルスキーは、KasperskyのInnovation Hub部門が新たなソリューション「Kaspersky Antidrone」を開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは11月22日、KasperskyのInnovation Hub部門が新たなソリューション「Kaspersky Antidrone」を開発したと発表した。このソリューションは、企業や不動産所有者などが、民生用ドローンの不法侵入から自己防衛することを目的としたもの。現在はベータテスト段階にあり、2020年初めの提供開始を予定している。

同ソリューションは、レーザースキャンによる新たなドローン認識アプローチを含む複数のセンサーと、ニューラルネットワークを用いた機械学習を組み合わせたシステムにより、制限空域へのドローンの侵入を自動的に探知して識別し、ジャミング(電波妨害)によってドローンを出発地点に着陸させる。Kasperskyが開発したソフトウェアは、サードパーティのハードウェアに搭載されたスタンドアロンソリューションとして、またはオフロード車など移動体へ設置して利用できるほか、スマートホームのインフラなど、監視システムに組み込むことも可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×