キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」にDoSの脆弱性(JPRS、JVN) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」にDoSの脆弱性(JPRS、JVN)

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(システムリソースの過度な消費)について(CVE-2019-6477) - フルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)/権威DNSサーバーの双方が対象、バージョンアップを強く推奨」とする緊急情報を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は11月21日、「BIND 9.xの脆弱性(システムリソースの過度な消費)について(CVE-2019-6477) - フルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)/権威DNSサーバーの双方が対象、バージョンアップを強く推奨」とする緊急情報を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も同日、「ISC BIND にサービス運用妨害(DoS)の脆弱性」を発表している。

これは、開発元であるISCから脆弱性情報が発表されたもの。BIND 9.11.0以降では、RFC 7766で推奨事項とされた、ひとつのTCP接続で複数のDNSトランザクションの並列処理を可能にするQuery Pipeliningが、TCP-pipeliningとしてサポートされている。しかし、BIND 9.xでは2019年4月に公開された脆弱性CVE-2018-5743への対応により、TCPでの同時接続数を計算する方法を変更。この変更の影響により、TCP-pipeliningを用いた複数のDNSトランザクションの並列処理において、TCPでの同時接続数の制限がバイパスされてしまう。対象となるバージョンは次の通り。

・9.14系列:9.14.1~9.14.7
・9.12系列:9.12.4-P1~9.12.4-P2
・9.11系列:9.11.6-P1~9.11.12

これらのバージョンでは、ひとつのTCP接続から複数のDNSクエリが並列で送られた場合に、サービスの一時停止や品質低下などを発生させることが可能となる。ISCでは本脆弱性の深刻度(Severity)を「中(Medium)」と評価している。JPRSでは、脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.14.8/9.11.13)への更新、あるいは、各ディストリビューションベンダからリリースされる更新の適用を、速やかに実施するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×